スノースクートとは?

自転車とスノーボードを合わせたようなウィンタースポーツギアがスノースクートです

2時間程の基本練習ですぐにコツを掴めるので、男女問わず幅広い年齢層で楽しむことができちゃうウィンタースポーツギアです。

北海道のパウダースノーをスノースクートを満喫しましょう!

スキーやスノーボード、ウィンタースポーツ経験者はもちろん、

2輪スポーツ(BMX、MTB、モトクロスなど)をされている方も多くいます。

 

スノースクートは難しい?簡単?

 

なまら(とても)簡単です♪

 

1日でリフトに乗れます

なぜなら、足だけではなくハンドルでも操作を行うため

上半身のバランスが取りやすいことです。

スキー、スノーボードは足元で滑走用具が固定されているために

上半身を下半身の動きに合わせ常にコントロールすることが必要ですが、

スノースクートではハンドルを握っているため上半身と下半身のコントロールが

容易で非常にバランスが取りやすいのが特徴です。

そのおかげで、はじめて乗る一本目から誰でもまっすぐ滑ることが出来るのです。

 

スノースクートの滑り方・止まり方

自転車操作の感覚で滑れる新しいアクティビティ、スノースクート

その手軽さに始められる感覚は、スノボやスキーと違った楽しさです。

まだ初心者が分からぬスノースクートの操作方法をご紹介します。

 

<準備中>

 

スノースクートのリフトの乗り方・降り方

リフトに乗るときは、特に難しいことはなくスノースクートにまたがったまま、

そのままリフトへ乗車することが出来ます。

乗車中はフットストラップに足を入れしまえば、

手で支える訳ではないので、重さも感じません。

女性には難しいなんてこともありません。

スノースクート リフトの乗降車

※必ずリーシュコード、フットストラップを付けてリフト乗車、滑走をしてください。

なぜならリーシュコード(流れ止め)、フットストラップがついていることを前提に
リフト乗車が許可されているスキー場がほとんどだからです。

(レンタルに付属しています。)

 

スノースクートを滑る際の服装は?

スキーやスノーボードと同様の装備で問題ありません。

ウェアやゴーグル・グローブのお持ちの方は特に新しい装備は必要なし!

ブーツは、スノーボードブーツやスノートレッキングシューズなどが最適ですが

初心者の方は防寒長靴でも大丈夫。

パークなどフリースタイルでガンガン攻める方は怪我防止のため、スノーボードブーツが必須。

その他

安全のためにヘルメットやプロテクターも用意しましょう。

転倒した際、フレームにぶつかると痛いので

膝プロテクターなど着用をお奨めします。

 

意外にコンパクトに持ち運べます

SAS(スマートアタッチシステム)のスノースクートならば

ボードを外してコンパクトに収納できます。

スノースクート ゲレンデの持ち運び方スノースクートのハンドルの調整について

スノースクートのハンドル調整について