スノースクート初心者のためのレンタルのメリット5選

スノースクートを始めるには

自分のスノースクートを買った方が良いかな?

それともレンタルで十分かな?

ときっと迷うと思います。

 

そもそも、スノースクートの人口が増えない理由はずばりたった一つ。

「スノースクートの購入金額が高い」

元々BMXの派生なので、高額になる理由は当然あるのですが、

その他ウェア・ブーツ等々の道具を揃えるとなると

かなりの高額になるのがスノースクート。

だから、お金に余裕のある中高年が多いのです。

ある意味 リッチな人しか楽しめないウィンタースポーツでもあるのです。

 

年3日〜5日、年5回滑る位のスノースクートなら購入するより
レンタルの方が絶対お得です!

考察1)

購入→ONE-D ¥119,900-(税込)

レンタル→1泊5,980×1年で5回=29,900円(税込)

 

年5回、レンタルで購入金額の119,900円を上回るのは4年滑ってから。

4年も滑れば、スノースクートのニューモデルも発売されていたり

パウダーを攻める・パークでトリックがしたいなどなど、

滑り方が変わり、新しいスノースクートが欲しくなります。

 

スノースクートレンタル考察結論!

スキー場へ年5回以下なら断然レンタルがお得!

スノースクート レンタル メリット5選

  1. 初期費用回収するのに5年掛かる
  2. メンテナンス不要
  3. 保管場所も不要
  4. 上手くなったらパウダー用、PARK用などその時の気分で選べる
  5. 北海道内のホテルまでお届け可能!手ぶらで利用できる

▼スノースクート購入のデメリット

  1. 初期費用がとにかく高額
    ONE-Dで¥119,900-(税込)、70X ¥165,000-(税込)
  2. ワックスなどのメンテナンスが必要
  3. オフシーズンの保管が面倒
  4. PARKや70Xなど色々な機種に乗れない
  5. 板が1セット10万前後
  6. 移動用の車が必要。
    プリウス・ヴィッツでは無理ではないが、かなりキツイ。SUVでもキツめ。
    友だち・カップルで楽しむにはワンボックスカーが必須。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です